Netflixのメリット・デメリット!実際に使ってみてどう?分かりやすく解説

2020年1月27日

Netflixを実際に利用する前にNetflixってどんなサービスか気になりませんか?

大まかに説明すると月額料金制の動画配信サービスで、3つの料金体系のプランが存在し、推定6000本の作品が見放題。また、Netflixはどの配信サービスよりもオリジナル作品に力を注いでおり、エミー賞やアカデミー賞にノミネートされる程のクオリティの高いドラマや映画を数多く配信しています。Netflixオリジナル作品がとにかくみたい方にはとてもおおすすめのサービスです。

実際に使ってみた感想としては、デメリットよりメリットの方が大きく、個人的には満足して利用しています。

もちろん月額800円台から映画やドラマを見放題で視聴できるお得さもありますが、なにより他の動画配信サービスと比べて、ここでしか見られないNetflix独自のオリジナリティと特別感があり飽きません。Netflixに契約しているからこそNetflixでしか見ることができない作品を見られるメリットがあります。

他にもNetflixを契約してよかったなと思うメリットがたくさんありましたので、ひとつずつ紹介していきます。

Netflixのメリット

Netflixの9つのメリット
  1. Netflixは3つのプランから好きなプランを選べる
  2. さまざまな種類の支払い方法を選べる
  3. Netflixのオリジナル作品のクオリティが凄い
  4. プロフィール機能で視聴履歴を勝手に見られない
  5. ダウンロード機能で通信量を節約できる
  6. 4K、4K HDRの高音質で映画やドラマを楽しめる
  7. 5.1ch、Dolby Atomosの高音質で映画やドラマを楽しめる
  8. 海外に行っても視聴できる
  9. 退会方法がとても簡単

Netflixは3つのプランから好きなプランを選べる

Netflixの料金・機能一覧>

  Netflix
月額料金(税込み) 880円(ベーシック)/1320円(スタンダード)/1980円(プレミアム)
作品数 非公開:推定6000本
画質 フルSD(ベーシック)/フルHD(スタンダード)/4K(プレミアム)
同時視聴可能な端末の数 1(ベーシック)/2(スタンダード)/4(プレミアム)
無料期間 30日間

他の動画配信サービスと大きく違うところは、複数のプランが存在することです。Netflixでは3つのプランが用意されており、視聴環境に合ったプランを選ぶことができます。

自分に合ったプランを選べる

プランによって料金体系が変わります。プランはベーシックプラン、スタンダードプラン、プレミアムプランの3つのプランに分かれており、料金が高くなるにつれて画質が良くなり、同時視聴可能な端末の数が多くなります。

ベーシックプラン

  ベーシックプラン
月額料金(税込み) 880円
画質 フルSD(480p)
同時視聴可能な端末の数

一番お手頃なベーシックプランは画質がフルSD(480p)で同時視聴可能な端末数が1つです。お手ごろな価格帯なだけあって画質と同時視聴可能な端末数の物足りなさがあります。画質にあまりこだわらない方にはおすすめです。ちなみに、480pとはDVDと同じ画質です。

スタンダードプラン

  スタンダードプラン
月額料金(税込み) 1320円
画質 フルHD(1080p)
同時視聴可能な端末の数 2

標準的なプランであるスタンダードプラン。パソコンやテレビで高画質で楽しみたい方におすすめのプランです。ちなみに、フルHD(1080p) とは地上デジタル放送やBSデジタル放送、Blu-rayと同じ画質です。そのため、普段見慣れている画質と変わらないので違和感なく楽しむことができます。

プレミアムプラン

  プレミアムプラン
月額料金(税込み) 1980円
画質 4K(2160p)
同時視聴可能な端末の数 4

1番リッチなプランであるプレミアムプラン。4K画質で贅沢に楽しみたい方にオススメのプランです。ただし、4K対応のテレビを使用している方以外にはあまりメリットがありません。高画質にこだわりたい方向けのプランです。

このように、お使いの視聴端末によって最適のプランを選ぶことができます。自分に合ったプランを選べるところがNetflixの魅力です。

さまざまな種類の支払い方法を選べる

<支払い方法>
・クレジットカード(Visa・MasterCard・JCB・American Express・Diners)
・デビットカード(Visa・MasterCard・JCB・American Express・Diners)
・プリペイドカード(Visa・MasterCard・American Express・JCB)
・Netflixプライベート・ギフトカード
・パートナー課金(※)

Netflixでは上記の支払い方法を利用することができます。

しかし、カードがないと登録できないのがNetflixの難点です。キャリア決済の支払い方法しか利用できない方はNetflixよりHuluをおすすめします。Huluはキャリア決済にも対応しています。

※パートナー課金とはauやソフトバンクをお使いの方が利用できるサービス。オプションで携帯料金のプランと合わせて契約することにより利用できる支払い方法です。キャリア決済ではありません。

Netflixのオリジナル作品のクオリティが凄い

Netflixオリジナル作品はクオリティが高い作品が多くあります。なぜならNetflixはオリジナル作品をメインコンテンツとして、力を注いでいるからです。

Netflixは新規顧客を取り入れるためにここでしか見れないコンテンツを追求し、Netflix独自の質の高い作品を生み出すことを目指しました。そして、新規顧客を定着させるために、大手映画製作会社や番組制作会社を上回る莫大な製作費をつぎ込み、ハリウッドの有名監督や俳優を起用するなどして、非常にクオリティの高いオリジナル作品を作り上げました。

Netflixでしか見れない、オリジナル作品を多く作り上げることで、そこに付加価値がつき、年々会員数が大幅に伸びています。

オリジナルドラマ

Netflixオリジナルドラマは2013年から毎年、エミー賞作品賞でノミネートされ続けています。それ程クオリティが高い作品が多くあり専門家や観客からも高く評価されています。

海外セレブもSNSで話題に挙げている「ストレンジャー・シングス」や安倍首相もファンだという「ハウス・オブ・カード」等はNetflixオリジナルドラマに関わらず、世界中で注目を集めています。

また、「ストレンジャー・シングス」などの人気オリジナルドラマはYouTubeで予告動画の再生回数が数百万再生を突破し、急上昇ランキングにランクインすることもあり、 ネット配信の番組とは思えない程の凄まじい人気を集めています。

オリジナル映画

Netflixのオリジナル映画は、マーティン・スコセッシやJ・J・エイブラムス、コーエン兄弟などの有名監督を起用し、莫大な製作費をかけて制作した作品が多くあります。その甲斐もあり、非常にクオリティの高い作品が多くあります。

Netflixオリジナル映画の「ROMA/ローマ」はオリジナル作品でありながらベネチア国際映画祭の金獅子賞を受賞。さらに、アカデミー賞の外国語映画賞を受賞するなど、ネット配信のオリジナル映画としは史上初の受賞を成し遂げました。

また、マーティンスコセッシが監督を務め、ロバート・デニーロとアルパチーノが久しぶりの共演を果たした、 Netflixオリジナル映画 の「アイリッシュマン」2020年度のアカデミー賞で、作品賞を含む10部門にノミネートされました。

このようにNetflixでしか見れない付加価値の高い作品を楽しむことができます。

プロフィール機能で視聴履歴を見られないようにできる

Netflixではプロフィールを最大5つまで作成することができます。

プロフィール機能のおかげで、プロフィールが1つしかないと家族共有で利用する時に、視聴履歴やマイリストが混同してしまい、使いづらいといった不満点を解消することができます。

また、プロフィールを分けることにより、視聴履歴やマイリストを個別で管理できるため、家族に視聴履歴やマイリストを勝手に見られてしまうということを避けることができます。

ただ、Huluのようにプロフィールごとにパスワード設定ができないため、家族が視聴履歴やマイリストを勝手に見ようと思えば簡単に見ることができます。

ちなみに、プロフィール欄には、キッズというプロフィールが存在します。キッズは、子ども向けの映画やアニメのみが見られるプロフィールで、子供がいる方におすすめの安心機能です。

ダウンロード機能で通信量を節約できる

Netflixでは外出先でとても役立つ機能である、ダウンロード機能があります。ダウンロード機能とはお使いのスマホにあらかじめ見たい動画を保存しておき、外出先で通信せずに動画が見られる機能です。ダウンロード機能を使うとスマホの通信量が節約できます。

そんな便利なダウンロード機能ですが、視聴するにあたって注意しなければならない点があります。それは、ダウンロードした一部の作品に、動画視聴期限という制限が設けられることです。

動画視聴期限とは特定の期間が過ぎるとダウンロードリストから自動的に作品が削除される機能です。視聴期限は二種類あります。

7日間の視聴制限

7日間の視聴制限とは、ダウンロードしてから7日間が過ぎると自動的にダウンロードリストから削除される機能です。この機能は再生してもしていなくても、削除される機能のため、非常に厄介です。ダウンロードすることを忘れないうちに、1週間前に事前にダウンロードしておこうというのは避けることをオススメします

48時間の視聴制限

48時間の視聴制限とは、動画を再生してから48時間が経つと自動的にダウンロードリストから削除される機能です。動画を再生したら早めに見ることをオススメします。

全ての作品に視聴制限が設けられているかといえばそうではなく、各作品ごとに視聴制限の期間が変わってくるため、作品ごとの確認が必要です。

4k、4K HDRの高画質で映画やドラマを楽しめる

Netflixは 4Kや4KHDRに対応しています。4K画質を楽しむためには、4K対応のテレビもしくは、モニターが必要になります。

また、4Kの画質を選択するには、Netflixのプレミアムプランに登録する必要があります。

Netflixでは3つのプランを選択することができますが、4K画質を楽しめるのはプレミアムプランのみです。

プレミアムプランは料金が高いため、4K画質のためだけに契約するのは勿体無いと感じると思いますが、そもそも、4K対応の動画配信サービス自体が少なく、対応している動画配信サービスの多くが、料金設定が高めに設定されているため、1980円というのは妥当な料金設定であると考えられます。

5.1ch、Dolby Atomsの高音質で映画やドラマを楽しめる

5.1chサラウンドは全てのプランに対応しており、Dolby Atomsはプレミアムプランのみの対応になっています。

これらの立体音響を体験するにはAVアンプが複数必要のため、別途対応機器を揃えるために追加でお金がかかります。

4K HDRとDolby Atomsのどちらも対応しているのはNetflixだけ。音作りや画質にこだわりが強く、ホームシアター環境を構築している人にとってはNetflixはとてもおすすめの動画配信サービスです。

海外に行っても視聴できる

海外でもNetflixは見ることができます。AmazonプライムビデオやHuluのように、映画やドラマのライセンスの関係から動画が見れないということはなく、到着した現地のNetflixを楽しむことができます。ラインナップも日本とは違う作品が多いです。ただ注意しなければならないことが、現地のラインナップのため、日本語字幕に未対応の作品も表示されてしまいます。

日本語未対応の作品を再生すること自体に問題はないため、英語などの他言語に強い方は日本で未配信作品を見られるチャンスです。

退会方法がとても簡単

退会方法はとても簡単です。1分もかからず解約することができます。各デバイスの解約方法は以下です。

スマートフォンからの解約方法

①Netflix公式のトップページが開けたら、右上のログインボタンを選択します
②メールアドレスまたは携帯電話番号とパスワードを入力しログインを選択します
③動画視聴ページが開けたら、左上のメニューバーを選択します
④メニューバーのすぐ下にある、アカウント情報を選択します。
⑤アカウント情報が開けたら、下までスクロールして、メンバーシップのキャンセルを選択します。
⑥契約についての確認画面が表示されるので、キャンセル手続きの完了を選択します。
⑦解約が完了します。

パソコンからの解約方法

①Netflix公式のトップページが開けたら、右上のログインボタンをクリックします
②メールアドレスまたは携帯電話番号とパスワードを入力しログインをクリックします
③右上の顔マークを選び、その下にある、アカウント情報をクリックします。
④アカウント情報内にある、メンバーシップのキャンセルをクリックします。
⑤ 契約についての確認画面が表示されるので、キャンセル手続きの完了をクリックします。
⑥解約が完了します。

画像付きで分かりやすく解約方法を載せているので以下の記事も参考にどうぞ

Netflixのデメリット

Netflixの3つのメリット
  1. 無料体験が全く無い
  2. メジャーな作品の配信数が少ない
  3. 配信地域によっての配信格差がある

無料体験が全く無い

Netflixの1番のデメリットが無料体験がないところです。最近までNetflixでも無料体験を実施していましたが、2019年12月をもって日本国内での無料体験を終了しました。

ほとんどの動画配信サービスでは無料体験は当たり前のサービスなので、無料体験がないというところはかなりのデメリットです。

新規で登録するならば、無料体験がある動画配信サービスをおすすめします。

メジャーな作品の配信数が少ない

Netflixはオリジナル作品をメインに力を入れているため、メジャーな作品が少ない傾向にあります。メジャーな作品を主に見たい方にはNetflixはおすすめしません。HuluやAmazonプライムビデオの方をおすすめします。

しかし、メジャーな作品が少ないからといってNetflixを選ばないのは勿体ないです。

既にNetflixの作品はエミー賞やアカデミー賞などの様々な賞で評価されており、メジャー作品に引けを取らないクオリティがあります。また、2020年度のアカデミー賞作品賞を含む10部門にノミネートされた「アイリッシュマン」は、普通ならば映画館上映中の最新作品です。しかし「アイリッシュマン」はオリジナル作品のため、劇場公開されずにすぐに、Netflixで配信されました。そんな超最新作の映画を月額料金内で楽しめる凄さがNetflixにはあります。

配信地域によっての配信格差がある

Netflixは国ごとに配信されている作品のラインナップに違いがあります。その結果、日本と海外とのラインナップの差が酷いことになっています。

まず驚いたのが、マーベル作品のラインナップの差です。ここにある画像のほとんどが、日本のNetflixでは未配信作品です。※下記ラインナップは2020年1月のシンガポールでの作品ラインナップです。

他にも人気作品の「スター・ウォーズ/最後のジェダイ」や「アナと雪の女王」、「パイレーツ・オブ・カリビアン」シリーズ、2019年に公開されたばかりの「メン・イン・ブラック:インターナショナル」などのヒットタイトルが目白押しで並んでいます。これらも日本では未配信です。

「スター・ウォーズ/最後のジェダイ」


「メン・イン・ブラック:インターナショナル」


「パイレーツ・オブ・カリビアン」 シリーズ


「アナと雪の女王」


国ごとのラインナップ格差から海外ではこんな問題も起こっています。

米動画配信サービスNetflixでは、国毎で視聴できる動画に制限があり、カナダで閲覧できる動画は隣国であるアメリカの約半分ほどしかないという。その結果、VPNを使ってこの問題を乗り越える視聴者たちが増えているそうだ。そのためNetflixは今年の1月以降このようなVPNアクセスをブロック、「越境視聴者」を取り締まりだしたそうだ

引用:exciteニュース

全ての国で配信されているコンテンツの量、質を同等にすればこのような問題は消えると思いますが、国ごとに作品の利権などが絡むため仕方ない面もあるのではないかと思います。

Follow me!

2020年1月27日

Posted by こう