HuluとNetflix結局どっちがいいの?選ぶべきポイントなどから、分かりやすく比較します。

2020年1月8日

HuluとNetflixどっちがいい?

huluとNetflixってどっちを選べばいいかよくわからないですよね。月々1000円近くのお金を払うことを考えると、後悔しない動画配信サービスの選び方が知りたいところです。

今では様々なサイトでhuluとNetflixの作品数の違いや価格差を知る事が出来ます。 そして単純に作品数が多い方を選んだり、安価な方を選んだりとしてしまいがちです。しかし、作品数の違いや価格差だけで動画配信サービスを選ぶと絶対に後悔します

なぜなら、huluとNetflixには作品数の違いや価格差だけでは測れない、それぞれの配信ジャンルの強みがあるからです。

配信ジャンルの強みを知らずに選ぶと、「有名映画が見たいのに少ない」、だったり「新しいドラマが見たいのにまったくない」「定番の人気ドラマの数が少ない」ということになりかねないです。

ですので、それぞれの配信ジャンルの強みを理解して、あなたにあった動画配信サービスを選ぶ事ができるようにhuluとNetflixをあらゆる面から徹底比較し、おすすめを提案します。

 

まず、HuluとNetflixの価格や作品数、配信ジャンルの強みを分かりやすく表にまとめました。

 

  Hulu Netflix
月額料金(税込み) 1026円 880円(ベーシック)/1320円(スタンダード)/1980円(プレミアム)
作品数 5万本 非公開:推定5000本
画質 フルHD フルSD(ベーシック)/フルHD(スタンダード)/4K(プレミアム)
無料期間 14日間 30日間
国内ドラマ ×
人気海外ドラマ ×
旧作映画
新作映画 ×

Huluには1つのプランしかありませんが、Netflixには3つのプランが存在し、安価な順からベーシックプランスタンダードプランプレミアムプランに分かれます。

それぞれの違いは主に画質の違いと同時視聴可能な端末数の違いです。ベーシックプランはフルSDで同時視聴可能な端末数は1つ。スタンダードプランはフルHDで同時視聴可能な端末数は2つ。プレミアムプランは4kで同時視聴可能な端末数は4つです。プランによって料金体系も変わるため、視聴環境に適したプランを選ぶようにしてください。

<Huluに向いてる人>
・人気の海外ドラマをいち早く見たい方
・人気の海外ドラマを数多く見たい方
・海外ドラマ初心者で今から人気作を楽しみたい方
・最新の国内ドラマをいち早く見たい方
・人気の国内ドラマを数多く見たい方
・旧作映画を楽しみたい方歯抜け配信が嫌な方

などが当てはまる方はHuluがおすすめです。国内外問わず人気のドラマを多く見たい方は、まずHuluに登録しておけば、間違いないですね。

Huluの強み

Huluの強みを配信ジャンル別に紹介します。

<リアルタイム配信>

Huluが実施しているサービスでリアルタイム配信(※)があります。リアルタイム配信では、人気の海外ドラマを数多く放送しているfoxチャンネルを追加料金なしで見ることができ、「ウォーキング・デッド」などの人気海外ドラマの最新シーズンを日本最速で見ることができます。また,2019年10月7日から「ウォーキング・デッド」シーズン10が放送予定のため、「ウォーキング・デッド」がいち早く見たい方はHulu一択です。

※)リアルタイム配信とは、スカパーやケーブルテレビに契約しないと視聴できない番組を追加料金なしで視聴できるサービス。(foxチャンネル、ナショナルジオグラフィック、BBCワールドニュース、CNN/USなどが視聴可能)この中でもfoxチャンネルは人気海外ドラマの最新シーズンを日本最速で放送している。

<国内ドラマ>

主に日テレ系のドラマやバラエティの見逃し配信に強く、日テレで放映中のドラマは、1話から最新話まで全話観れます。
また、過去作品の充実度も高く、2018年視聴率ランキング2位の「リーガルV」、2019年視聴率ランキング3位の「3年A組」、4位の「家売るオンナの逆襲」など、高視聴率作品が見放題。
※2019年8月現在。

<海外ドラマ >

 世間一般でよく知られている人気のTHE海外ドラマを幅広く配信しているのがHuluの強みです。

ドラマ版アカデミー賞と言われているエミー賞の作品賞で2015年、2016年、2018年と三度受賞した「ゲーム・オブ・スローンズ」や2017年のエミー賞作品賞受賞の「ハンドメイズ・テイル/侍女の物語」(Hulu独占)、アメリカで毎エピソード1000万人近くが視聴している、世界中で大人気の「ウォーキング・デッド」や、日本でも有名な「24-TWENTY FOUR-」や「プリズン・ブレイク」など歴代のトップドラマを幅広く楽しむことが出来ます。

<映画>

Huluの映画作品数は洋画530本邦画1,050本で、その全てが見放題です。

Huluは旧作映画の充実度が高く、厳選された人気映画(※)が数多く配信されています。一方で新作映画には弱く、作品数がとても少ないため、新作をメインで楽しみたい方にはHuluはおすすめ出来ません。

しかし、Netflixと比較してシリーズ作品の歯抜け配信がほぼなく、シリーズ物の映画はしっかりと揃っているため、旧作映画をこころゆくまで楽しみたい方はHuluがおすすめです。

また、特集というカテゴリーがあり、劇場公開前の映画と関連した過去作品が、期間限定で配信されることがあります。過去には、マーベル映画作品11本が見放題、スターウォーズ6作品が見放題、ハリーポッター8作品が見放題とほかの動画配信サービスでも、中々配信されない豪華な作品が期間限定で見放題とかなり魅力的なサービスがあります。

※)人気映画タイトル(2019年8月現在の配信作品)
「ミッション・イン・ポッシブル」1~4作目、「ワイルドスピード」1~7作目、「トランスフォーマー」1~4作目、「ダイ・ハード」1~5作目、「ゴッドファーザー」1~3作目、「ロッキー」1~6作目、「スパイダーマン(サムライミ版)」1~3作目、「アメイジングスパイダーマン」1~2作目、「マトリックス」1~3作目、「マスク」1~2作目、「ナイトミュージアム」1~2作目、「エイリアン」1~4作目、「プレデター」1~3作目、「パラノーマル・アクティビティ」1~6作目、「ダーク・ナイト」、「ラ・ラ・ランド」、「プラダを着た悪魔」、「マイナリティーリポート」などが配信されています。

歯抜け配信がない強み

実は歯抜け配信はNetflixに限らず他の動画配信サービスでもよくあることです。過去に私は、他社の動画配信サービスを使っていた時「この映画の続きが見たい!」と思い、続編を探しましたが、配信されておらず非常にがっかりした経験があります。

結局、他のサイトでネットレンタルをして視聴したため、追加でお金もかかりましたし、新規登録などで、時間も取られ、「もったいないなー」と思った記憶があります。その点Huluは歯抜けなく、しっかりとシリーズ作品を揃えているところは、新作が少ないといったマイナスポイントを差し引いても、かなりのプラスポイントだと思います。

<Netflixに向いてる人>
・オリジナルドラマを楽しみたい方
・人気海外ドラマよりも、ニッチで質の高い海外ドラマが見たい方
・映画は新作、旧作どちらも楽しみたい方
・オリジナル映画を楽しみたい方。

Netflix制作のオリジナル作品をメインに見たい方や新作映画が見たい方はNetflixがおすすめです。

Netflixの強み

Netflixの強みを配信ジャンル別に紹介します。

<国内ドラマ>

最新作の見逃し配信はなく、新作旧作の充実度もあまりよくありません。しかし、Netflixは国内向けのオリジナルドラマにも力を入れているので、それ目当ての方はおすすめです。

<海外ドラマ >

 日本での知名度は低いがクオリティが高いオリジナルドラマが主流。 オリジナルドラマと聞くと評価や注目度が低い作品が多いと思いがちですが、2013年から毎年、Netflixオリジナルドラマがエミー賞の作品賞でノミネートされ続けているなど、専門家からの評価も良好です。

また、海外セレブもSNSで話題に挙げている「ストレンジャー・シングス」や安倍首相もファンだという「ハウス・オブ・カード」等はNetflixオリジナルドラマに関わらず、アメリカでも非常に注目されています。また、作品数は非常に少ないですが、ブレイキングバッドなど人気の定番ドラマも配信しています。

<映画>

 Netflixの映画作品数は非公開のため正式な数は分かりませんが、新作映画はHuluよりも多く、旧作映画の充実度も豊富です。ですので、新作も旧作もどちらも楽しみたい方はNetflixがおすすめです。

しかし、Huluと比べてNetflixはシリーズ作品の歯抜け配信が多くあります。例えば「スパイダーマン」(サムライミ版)は1作目のみ、「トランスフォーマー」は1作目と4作目のみ、「ワイルドスピード」は8作目のみ、「ミッション・イン・ポッシブル」は4作目と5作目のみと歯抜け配信が多く目立ちます。このような、歯抜け配信が気にならない方にはおすすめです。

<オリジナル映画>

Netflixのオリジナル映画は莫大な製作費をかけた作品や、J・J・エイブラムスやコーエン兄弟などの有名監督を起用して制作した作品など、非常にクオリティーの高い作品が多くあります。

また、Netflixオリジナル映画の「ROMA/ローマ」はオリジナル作品でありながらベネチア国際映画祭の金獅子賞を受賞。さらに、アカデミー賞の外国語映画賞を受賞するなど、動画配信サービスの映画としては初めての受賞で、さまざまな話題を呼んだ作品などもあります。

まとめ

ドラマに関しては、国内ドラマ派はHulu一択。海外ドラマ派は、人気の作品をいち早く見たい方や歴代のトップドラマなどを見たい方はHulu。ニッチで質の高いドラマが見たい方はNetflix。

映画に関しては、シリーズ作品を歯抜けなしで見たい方、厳選された人気映画を見たい方はHulu。シリーズ作品の歯抜けが気にならない方、新作・旧作どちらの映画も見たい方はNetflix。

このような目的にあった選び方をすれば、自分に合った動画配信サービスを選ぶことができます。また、各動画配信サービスの強みは今後、そうそう変わらないと推測されるため、自分に合った動画配信サービスを選ぶことができれば、今後追加される作品も興味のある作品に出会いやすくなると思います。

HuluとNetflixどちらも契約するのはアリ?

私個人としては、両方契約するのもアリだと思います。なぜなら、意外とHuluとNetflixは相性がいいからです。 というのも海外ドラマに関しては、HuluとNetflixの配信被りが少なく、お互いがそれぞれ違う種類の人気ドラマを配信しているからです。

そのため、どちらも契約すると、いいとこどり状態で多種多様な海外ドラマを楽しむことが出来ます。Netflixのオリジナルドラマは評価が高い作品も多くあり、それが見れるのはNetflixだけ。Huluは人気の定番海外ドラマを幅広く配信しているため2つの配信サービスは非常に相性がいいです。そのため、海外ドラマを主体で見たい方は両方契約する事もアリです。

この2つを契約すると「ウォーキング・デッド」、「ゲーム・オブ・スローンズ」、「ストレンジャー・シングス」、「ブレイキング・バッド」、「ハンドメイズ・テイル/侍女の物語」などエミー賞受賞作品やノミネート常連作品が見放題になります。

とりあえず、無料トライアルから

HuluとNetflixの配信ジャンルの強みなどを紹介、比較してきましたが、どちらのサービスも膨大な作品数と低価格でとてもいいサービスです。始めてみると、大げさではなく本当に、映画・ドラマライフが一変します。

それだけ素晴らしいサービスですので、動画配信サービスに興味を持った方はとりあえず登録してみるのもいいかもしれません。今ならHuluとNetflixどちらも、無料トライアル実施中です。

ドラマを見たい方はぜひHuluへ。今なら、14日間で全作品無料で見ることができます。Huluの作品数は6万本で全作品見放題。価格は月々1026円(税込み)、スマホがあればどこでも見放題。レンタルビデオ店に行くと、5本借りれば1000円はかかりますし、わざわざ借りに行く手間もかかります。

Huluなら借りに行く手間もかからないですし、お得にたくさんの作品が見れます。見たいと思った方は無料トライアルから始めた方がお得ですので是非この機会に。

Follow me!

2020年1月8日

Posted by こう